投稿者「user30161」のアーカイブ

インスリンはどれくらいの血糖値になれば使うのか?

大体はFPG(空腹時血糖値)が250mg/dlぐらいから使う場合もあるらしい、しかしインスリンを使う場合は血糖値の高さだけが問題ではなく、様々な要因があるらしい。 続きを読む

自律神経失調症と女性ホルモン

自律神経失調症と女性ホルモン

自律神経失調症での女性ならでは症状において一番気になることといえば、月経時における疎ましさがあると思います、特に言えば周期の乱れ、また出血の多さとかありますが、正常な女性であっても全体の半分ぐらいでは、自律神経系での問題点を指摘が指摘されています。 続きを読む

損をしない退職方法

損をしない退職方法を設定するのは、まあ常識ですが、例えば、ボーナス時期ですね、ボーナスは働いて会社の業績に準じた配当のようなものですから、もらって当たり前と考えましょう。

また退職金にも長年の勤務に対して報償といった感じです、鑑みれば、退職を申し出た社員に対して、会社の対応は基本的に『できれば支払いを少なくしたい』と考えるのは当たり前です。

そこそこ居なくなる従業員にいい思いをさせる必要は無い、ということですね、ただ、勝手に経営者の腹積もりで、退職者のボーナスや退職金を云々されては困りますが、毎月支払う給与と違い、曖昧なボーナス、退職金という報償はできれば支払いたくないと思っているとまず考えましょうね。
退職者の損が会社では得ですね、そんな中退職者はどうすればいいのかをしっかり考えることがとても大切な世の中になったのです。

中々切り出ないお金の話ですが、ここはやはり『いくらいただけますか?』はハッキリさせたいものです、上記のように、ボーナスや退職金に対しての決め事は明確にする必要がありませんので、ここは譲らず、流されず頑張ってほしいところですね。

ワキガと制汗剤の効果

ワキガと制汗剤の効果

制汗剤の場合、決してワキガのニオイを直接抑えるわけではなく、基本は汗そのものの噴出量をおさえることでワキガのニオイの元になっている細菌の活動を阻止するわけですね。

で、この制汗剤は近年かなり『消臭志向』がもてはやされて様々な有効成分を加味して発売されてきましたね、これらは服を脱いでシャワーを浴び、石鹸を泡立てることもこともなく、手軽に発汗作用をおさえられると好評ですね。

ただ、もちろん購入する方もご理解の上ですが、効果時間がせいぜい数時間といったところで、症状が重い方は一日何度も使用することになりますね。

今は一時期よりずいぶん改善前はされているようですが、この『デオドラント効果』にはあまり頻繁に使うことで脇の下の皮膚がただれて、それが進むと角質化する場合もあり、それが治るまでに相当の時間がかかったりして、ワキガの不幸よりそちらの重大な不幸に見舞われる恐れもありますので使い方や使う回数には十分、注意する必要がありますね。

この薬剤は汗をかくことで流れ落ち、効果は半減しますし、それが衣服を汚すことも多く、あまり簡単に考えないほうがいいかも知れませんね。

ではまた・・・