固まりにくい、そして固まりやすい。

脂肪酸とは、通常の温度では固まりにくい「不飽和脂肪酸」と、ドロドロと固まりやすい「飽和脂肪酸」に分類されます。

鰯やサバなどの青魚に多く含まれるDHA・EPAや、荏胡麻などに含まれるα-リノレン酸は、オメガ3という分類に属される脂肪酸で、細胞が正しく機能するためには絶対に必要な脂肪酸です。オメガ6系という類の脂肪酸も私たち人間の体には絶対に欠かせないものなのですが、この2つの脂肪酸はお互いに意識しながら働くので、どちらか一方が増えすぎたりした場合はバランスを崩してよろしくない影響が出たりします。私たち現代人は、リノール酸などオメガ6系の脂肪酸を無意識に取りすぎたりする傾向が多々あり、メタボや中年太りに代表される生活習慣病におかされている人口の増加や、脳の冴えや機能を低下させる影響につながっていると言われています。だから、食材だけに頼らず、継続できる方法で、必要な栄養素を摂取していかなければなりません。EPAサプリお試しするなら私がオススメするコチラ。