どっちがどうなの?

EPAとDHAって、同じ魚油の成分なので似たようなものとして、どっちがどうなの?と思わず考えてしまう事がよくあるのですが、実はその作用、かなり違っているようです。

その違いを改めてまとめてみたいと思います。DHAは1989年のイギリスにおいて、日本人の子供の知能指数が高い理由は魚食(DHA)の影響があるのではないか、という研究が発表されたそうです。また、EPAの働きについては、1960年代後半に、グリーンランドに住むイヌイットという民族が、心臓病で亡くなる人の割合が低いということに注目した研究結果が元になっています。そして、EPAとDHAを摂取した後の血液中濃度変化については、EPAは摂取すれば増加し、摂取をやめると減少するという、変動しやすいものであることがわかっています。しかし、DHAは同じように摂取してもEPAのような増減は起こりにくいのです。このように、私達の毎日の中でDHA&EPAが健康管理において大活躍してくれるという事は一目瞭然。食事で加熱してDHA&EPAを減少させたり、生で食べても、ほんのちょっとの量しか摂取できない方法などではなく、ぜひ、DHA&EPAサプリメントで簡単にそして理想的な量を摂取してください。https://kaiafitnessreno.info/