妊娠と葉酸の関係。

妊娠と検索すると、”葉酸サプリ”の言葉に
出会うことが多いですよね。

そもそも葉酸とは、、、

葉酸は、ほうれん草などの緑黄色野菜やレバー、
卵黄などに多く含まれるビタミンB群の一種です。

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれていて、
健康な血液や新しい細胞を作るために働いています。

つまり、妊娠前や妊娠中に適正量を補うことで、
赤ちゃんの新しい細胞をつくるために消費される
葉酸の補給ができる、というわけです。

妊娠中に適正値の葉酸を摂っていると、
生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の
発症リスクが減ります。このことは世界中の
研究結果でわかっています。

摂取量として通常男女で1日240μg(マイクログラム)
食事にすると、ほうれん草(100g)を約二束分になります。
妊娠中はそれに加えてサプリなどで、さらに400μgの摂取が
推奨されています。

常日頃から葉酸が足りていないと、身体は約3ヶ月で
葉酸欠乏状態になります。そうなると、肌荒れや疲労感、
めまい症状なども出やすくなります。

お腹の赤ちゃんの順調な成長のためにも、
ぜひ適正量を摂取してみてください。

女の子の産み分けなら「ピンクゼリー」!