日本の鋼も捨てたもんではなくなった

昔昔の人たちは、砂鉄から鉄を「たたら」で鍛錬し、世界でも稀に見るクオリティの刃物を開発しました。当時はスウェーデン鋼が最強だったのですが、日本の鋼も捨てたもんではなくなり、屈強な刃物の完成につながりました。

そんな刃物の中でも、お家や飲食店などでイチバン使われるのが包丁です。包丁があまりにも切れないと、ストレスを感じ、技にも影響が出て、その結果食材も台無しになります。

昔から語り継がれた最高品質の包丁を、一級品の研ぎで蘇らせることにより、刃物は、初めてその役割を全うする事ができるのです。包丁は切れが良くてナンボ。材質と使い方が悪ければ、価値のない単なる道具なのです。みなさんが手にする包丁、出費を惜しまず、上質のものを手に入れるようにしましょう。

洋包丁と和包丁の相違は、例えば解りやすく言うなら、概ね片刃か両刃か。洋包丁は、だいたいのご家庭で使われている見慣れた両刃の包丁の事。また、肉を切り易いように、切っ先が鋭くなっています。牛刀と呼ばれる、焼肉屋さんやステーキハウスで使われている洋包丁でも、シェフの好み、また効き手以外では研げないなど、あえて両刃の牛刀を片刃にしていたりもします。対して和包丁といえば、大体が片刄の包丁の事で、和食屋さんに代表される日本料理に使われる包丁のことです。和包丁は、種類も色々あり、一般的には右利き用が主流ですが、左利き用がないわけではありません。また、地域性によって、刺身包丁の形状もいくつかあり、稀に、両刃の包丁が存在したりもします。包丁,鋏,福岡,刃物研ぎ,研ぎ処一風