社葬について

社葬は、会社の創業者や会長、それから社長といった人が、亡くなった時に、
行われるお葬式のことになります。

また会社のために殉職した社員や、会社にとって多大なる功績を残した社員もまた、
社葬としてとり行われることがあります。

社葬は、会社が主催して行われるお葬式のことであり、
お葬式の費用もまた会社が負担します。

もちろんこの時、亡くなられた家族も主催者として、
参列していただいた方を、迎えます。

社葬の場合は、喪主は遺族が務めることが一般的です。
お葬式の費用を負担する施主は、会社となります。
そして葬儀委員長は、会社の代表者となります。

社葬は、会社の社長や会社の会長のお葬式であることが多いので、
大規模なお葬式となることが多いです。

そのため亡くなられてから、まずは個人葬を執り行ない、
それから社葬を行うことが多いです。

社葬には、準備期間がかなりかかるため、
個人葬が終わって、1~2ヶ月後くらいに、執り行なわれることが多いです。

家族葬についてすぐに知りたいならコチラを参考に