悩んでいた毛深い私の無駄毛処理

小学生の時に、隣の席の男子から「お前の腕、毛深いな。」と言われ傷付いたことがありました。その男子は男の子のわりには色白で無駄毛が目立たないタイプでした。

その子の発言から、自分は毛深いのだということが分り、思春期も常に除毛や脱毛を念入りに行っていました。コンプレックスでした。周囲の女子もさほど毛深い訳ではないのですが、年頃のせいか無駄毛処理には力が入ってました。

修学旅行ではこの無駄毛処理アイテムで盛り上がり、やはりみんな同じように無駄毛には悩んでいるんだなと思いました。高校から大学卒業までアルバイトをしていましたので、自分のお小遣いはある程度持っていたので、貯めたお金で思いきってエステサロンの脱毛コースを申し込んでみました。

二年に渡り永久脱毛の施術を行うというコースで、私はずっと悩んでいた無駄毛処理と決別したく、決断しました。永久脱毛ということで、二年という長い期間をかけましたが、その後は綺麗な肌に満足です。夏場は隠さず堂々と薄着になれる私です。

ラミューテ 効果