チャイルドシートとカーシェアリングの問題

乳幼児用のチャイルドシートを常時取り付けたカーシェアリングを提供することです。

もちろん、そのためには会員を選別することになるでしょう。

アヤナスって敏感肌にいいの?

チャイルドシートが取り付けられていても支障がない会員だけになるのです。

ただ、これはだんだんと広まっていくのではないかと予想されています。

カーシェアリングの利用を妨げているものとしてチャイルドシートがあります。

お母さんがカーシェアリングを利用する時のチャイルドシートをどうやって車のところに運ぶかが問題なのです。

赤ちゃんをおんぶしてチャイルドシートを自宅から車のところまで運ばなければなりません。

これはあまり現実的な対応とは言えないでしょう。

もちろん、地方ではカーシェアリングなどはありませんから、自分専用の車を持っているはずです。

チャイルドシートが問題なのではなく、カーシェアリングでの利用が問題なのです。

ただ、カーシェアリングを提供している会社はそれを問題視していません。

利用者側の問題と見ているだけです。

もちろん、会員の契約上はその通りですが、チャイルドシートの問題でカーシェアリングの普及が妨げられるのであれば、会社として何らかの対策を打つことを考えるでしょう。

実際に幼児用のチャイルドシートを常備しているシステムもあります。

ただ、利用者から見るとお粗末なチャイルドシートであり、利用者のことを考えているとは言い難いようです。

そのようなチャイルドシートは逆効果になるかもしれません。

一番簡単な解決方法としては乳幼児用のチャイルドシートを常時取り付けたカーシェアリングを提供することです。

もちろん、そのためには会員を選別することになるでしょう。

チャイルドシートが取り付けられていても支障がない会員だけになるのです。

ただ、これはだんだんと広まっていくのではないかと予想されています。