芸術の秋

上野恩賜公園の上野の森美術館で開催されているデトロイト美術館展に1人でいってきました。日曜日だったので、上野公園内にはたくさん人がいました。上野の森美術館の他にも、東京都美術館で、ゴッホゴーギャン展をやっていたのでどちらにしようか少し迷ったのですが、いろいろな画家の絵が見られそうなので、デトロイト展のほうにいきました。入場口で5分ほど並んで券を買い中に入ると、年配の方ばかりかと思っていたのですが、意外と若い人もいました。展示は4つに分かれていて、印象派、ポスト印象派、20世紀ドイツ、20世紀フランス、といった感じになっていました。印象派ではフェルメールの絵などが展示されており、ポスト印象派では、ゴッホの自画像やゴーギャンの自画像もありました。本物が見られて非常に感慨深かったです。ただ、ゴッホゴーギャン展を東京都美術館でやっているのに、デトロイト展のほうで有名どころがみられるというのはすこし不思議でした。他にもモディリアーニやピカソなどいろいろな画家の絵を見ることができて、文化人になった気分で楽しかったです。自動車保険安い見積もりを比較するなら【かんたん一括査定が便利】