どんなときも信長の野望シリーズ

私は、今までに、大変貧乏な時期もありました。しかし、どんなときでも信長の野望シリーズをやり続けてきました。コーエーのソフトは結構高いので、苦労した時もありました。
信長の野望はシミュレーションゲームとしてはよくできていますが、昔のシリーズは「ある必勝法」を見つけると楽に戦に勝つことができました。例えば、鉄砲がやたらと強力なソフトでは鉄砲隊だけで組織した軍隊で戦ったり、一向宗が大量動員できるものでは畿内では無敵だったりなど、必勝法があれば苦労なしに戦を進めることができました。
この傾向は信長の野望だけではありません。三国志や提督の決断なども同じ傾向でした。
最近のシリーズでは、この点が大幅に改良されているみたいで、戦にもアクション性が加えられ、それが苦手な私はあまり勝てなくなりました。なので、最新の「創造」では、街道で敵部隊を挟み撃ちにするなどの方法で戦っています。それにですね、最近はゲームをやる時間があまりとれなくなり、やりこむことができなくなってなかなか必勝法を見つけられません。
相撲の中継を見ていると、解説の人が「強い力士は得意の形を持っている」と言っていたことがあります。仕事でもゲームでもそのようにありたいですね。

無料人気パソコンオンラインゲームランキング