髪にとって悪いシャンプーとは

最近流行っている「ノンシリコンシャンプー」とは、言葉通り「シリコン」が入っていないシャンプーのことです。ではシリコンとはどういう成分なのでしょうか。シリコンは、化学反応によって作られる人工物のことで、髪の毛のキューティクルに付着し、指通りを良くして艶を出す効果があります。

髪をコーティングするだけなので、カラーリングや紫外線によってダメージを受けた髪を補修したり強くしたりする効果はありません。また、毛根や毛穴が詰まって栄養分が行き渡らず髪に良くないという意見もあります。よって、シャンプーとは汚れを落とすことが一番大切であるにもかからず、コーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くないという発想でノンシリコンシャンプーが注目されるようになりました。パーマやカラーリングをしている人はシリコン入りのシャンプーはパーマ剤やカラー剤が浸透しにくいのでノンシリコンシャンプーがおすすめです。シャンプーの良し悪しは、洗浄成分である界面活性剤の種類で左右されます。避けたい成分は「ラリウル」と「硫酸」がつく成分です。これらの成分は洗浄力が強く、必要な油分まで奪ってしまい、乾燥やきしみの原因になるからです。安価で大量生産に向いていることから、有名な市販のシャンプーに使われていることが多いので注意が必要です。

低温トリートメントドライヤーがオススメ