体型の悩みと改善方法について

加齢による体型の変化は誰にでもあるもので、引き締まっていた体も、徐々にたるむようになります。

高齢になってくると、体型についての悩みが増えてくるものであり、年齢ごとに崩れやすい体の部位には傾向が見られます。崩れやすい体の部位を予め把握しておけば、体型変化の対策を立てやすくなります。体型に変化が現れる大きな原因は筋力の低下であり、筋肉が減ると同時に脂肪が増えた部分は徐々に下がっていきます。20代前半は、筋肉が目に見えて衰えることはないため、体型がその崩れるという心配はしなくて済みます。顔に張り巡らされている筋肉も30代になると落ちてきますので、顔の印象が少しずつ変わってきます。年をとると下っ腹が出っぱってくるのは、腹周りの皮と脂肪が筋肉の支えを失って垂れ下がってしまうことがあります。個人差がありますが、女性の場合は、ウェストまわりのくびれが無くなってしまうことも珍しくありません。さらにインナーマッスルの弱体化が起り始める時期でもあり、40代に突入すると、足にも影響が現れ始めます。ただし腹部などと異なり、足は太くなるわけではなく、筋肉が減った影響により、細くなることが多いのです。筋力が低下したために足が細くなるのであり、皮下脂肪は減っていないことに要注意です。ウォーキングや、エクササイズで、全身の筋肉にバランスよく刺激を与えることが、年齢を重ねても体型を崩さないためのポイントです。

LAVA イオンモール日の出店