自転車走行におけるマナー違反

最近は自転車通勤や健康志向を重視し、自転車を利用する人が増えつつあります。
しかし、その反面、自転車のマナー違反が目立つこともあります。自転車は免許が必要ありませんし、小さな子供でも乗ることができるため、安易に考えている人が多いのですが軽車両です。自転車は道路交通法上、車両で、車道の左側を走らなければなりません。自転車も車両の1種ですので、“酒酔い運転”は絶対にNGです。

罰則も重く、“5年以下の懲役または100万円以下の罰金”になります。また、車の規定と同じように、酒気を帯びている人に自転車を提供したり、飲酒運転を行うおそれのある人に酒類を提供したりしてはいけません。車の運転中に携帯電話での通話が禁止されているのと同様、自転車での走行中の通話も禁止です。
イヤホンは耳に直接音を送るため、外からの音を遮断してしまいます。そのため、周囲の危険を察知することができなくなります。これまで双方向の通行が許されていましたが、衝突の危険を避けるため、車と同じように「左側通行のみ」とされました。つまり、進行方向に向かって右側の路側帯を走ると、それは“逆走”ということになり、道交法違反となります。
このように、自転車とはいえ軽車両ですので、交通ルールをきちんと守らなければいけません。
ハイジニーナ脱毛