So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず

WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。そんな長期契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。

結構見逃されがちな部分が、各契約先のカスタマーサービスの対応です。コールセンターの営業日が平日だけだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが一つと言えます。

その訳とは、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分で好評なのです。

 

付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器までセットアップする事が出来ます。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクに対処する事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えるでしょう。URoad-StickはUSBタイプの軽く小型のWiMAX端末で、持ち運び性が良くて利便性が高いです。(Broad WiMAXの評判はどれくらい?メリットは?にて)
URoad-StickをUSBポートに挿し込む事によって、そこから電気をまかないながら使用する事が出来ます。
難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そんな簡便性が人気のWiMAX端末となっています。
対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+となっていて、通信の下り最大速度としては110Mbps出す事が出来ます。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。
他にも、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が可能です。Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に利用する事が出来ます。
BBウォレットの口座に現金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として利用されます。
加えて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限が二種類あります。
一つめが、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限って言われているものがあります。二つめは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。だけど、混雑回避の為の速度制限は適用になります。
WiMAXを契約すると、WiMAX機器しか必要ないので、部屋の中がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。

モデムは月々レンタル料が必要で、毎月の料金に上乗せされます。
方法としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。

 

二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。だけど、auスマートバリューmineには対応していませんから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。合わせて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

 

UQ WiMAXの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。可能な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。

それに対し、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

 

WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。
WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。

 

WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
その他にも、通信速度が毎年向上して来ています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。

そう言う訳で、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。具体的には、3波のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。人気のWiMAXサービスではありますが、帯域制限に注意しましょう。

 

他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。
そうは言っても、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。ですが、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、大容量のダウンロードを行わなければ、問題無くインターネットを使用する事が出来ます。WiMAXの素晴らしい所は、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。
無線を利用しますので、任意の場所からインターネットアクセスする事が出来るようになります。加えて、WiMAX機器は小型ですから、持ち運びに向いています。そんな部分を考えると、タブレットとの組み合わせが最高です。そう言う部分から、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

 

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。月額500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。

WiMAXサービスと契約を申し込む折、様々なキャンペーン特典が付いています。特にお勧めなのが、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。加えて、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。
WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。
Broad WiMAXの特徴には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。

 

それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。

 

契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末ですから、バッテリーが組み込まれていない関係上、使用目的は屋内使用のみに限られています。とは言っても、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられていて、受信精度の高さが特徴の一つになっています。また、一度に16台もの端末をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線接続する事が可能です。加えて、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますから、通信制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。

nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

 

対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。

WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いので、凄く人気のあるサービスになってます。

WiMAXのサービスの中で、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も迅速かつ的確で、電話サポートの対応時間も一番長いです。だけども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあるのです。代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。
ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このネット通信サービスって、帯域制限の規制が緩く、その分の使い勝手の評判が良いです。

そう言う事で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、一度考えてみてはどうでしょう?Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
また、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しながらの通信にも対応してます。WiMAXサービスのプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバック特典にあります。

 

なおかつ、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別に売られていて、価格としてはおよそ3000円前後します。
このクレードルの必要性が気になると言う方もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを利用する事が出来ます。
ただ、クレードルがある事によってイーサーネットポートを使用する事が出来ますから、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードを使用する事が出来るようになります。加えて、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち運ぶ事が出来るようになります。
WiMAXを使っていて思うメリットは、いくつかあります。

 

まず思い付くのが、無線を使ったサービスなので、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。

続いて思い浮かぶのが、モバイルインターネットですから、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。
なおかつ、ネット回線工事が必要ありませんから、安くインターネットを導入でき、月々の通信費は安くなります。
なおかつ、通信規制が緩い点も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。

モバイルインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
具体例を出すと、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。
このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。この通信速度、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。
そう言う理由で、速度制限無しとは言えども、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。

他に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。時々、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランと言う訳ではありません。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。

 

また、三日間の通信使用量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。
確かにWiMAXには速度制限がありますけど、言われているほどハードなものではありません。
WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限はありません。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。

通信制限時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が一般的です。

 

その訳は、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと大した金額ではないですが、値引きは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。