セルフ鼻毛脱毛

些細な事柄が勝負の場において決定的な分かれ目になることがあります。
男女の出会いの場において、その一つとなり得るのが「鼻毛」です。

エクササイズに身体を鍛え、おしゃれに気を使い、いざデートに臨んだ際に「鼻毛が出ている」、女子力、男前度、時には人望さえもなくしてしまう恐ろしいほどのインパクトです。
というわけで、来るべき勝負、の予定は全くないが鼻毛脱毛にトライしてみました。さすがにいきなり高いものはなかなか躊躇してしまうので、まずはネットでも評判の高い某社のワックスとスティックのセットを購入し、セルフ鼻毛脱毛に挑戦しました。価格は各社多少の差はありますが1回あたり100〜200円程度で、10回分程度のセットが多いようです。今回私が試したものは12回分で1400円です。箱を開けると、ワックスが入った袋、プラ製カップ、紙製カップ、スティックといった内容でした。使い方としては、紙製のカップに1回分のワックスを入れ、少量の水を入れたプラ製カップにセット、そのまま1分程度レンジでチンするだけ。
カップの中には少しだけ粒がとけ残っていたものの、ステイックで軽く混ぜるとすぐに溶けます。結構すぐに固まってしまうようなので、手早くスティックの先にワックスを盛り、鼻の穴にイン。ワックスが固まってしまっても再度加熱すればいいのですが、めんどくさかったのでそのままもう一本のスティックもセットし、逆側の鼻の穴にイン。まんべんなく着くように軽く小鼻を押さえ、しばし待ちます。待つ間に鏡を見てみたましたが、まぁ、ご想像通りの状態です。「なぜ人は生まれてくるのだろうか」などという思考に入りかけましたが、ワックスが固まったようなので正気に戻っていよいよ脱毛開始。
スティックを軽く持ち、素早く引き抜く!あまりにも衝撃がなかったので、失敗したかな〜と思い、抜いたスティックを見てみると、まるで夏の芝生のような光景が広がっていました。刈り込まれたように短いもの、しっかりと天に向かって立っているもの、それらがワックスの表面に鎮座し、なんともグロい光景w ただ同時にこれだけのものをごっそり抜いたというなんとも言えない爽快感が得られます。反対側も同様に大草原だったので、思わず2本のスティックを並べて写真を1枚、撮ったは良いのですが誰にも見せられないことに気づき、でも消すには惜しい気がして、なぜかその写真にパスワードロックをかけて保存しましたw
長々と書きましたが、鼻毛脱毛、おすすめです。奥の方までやりすぎたり、頻繁にやりすぎると良くないとのことなので、月に1回程度、収穫を待つような心持ちで続けていきたいと思いますw
シースリー 葛西