無理なダイエットで骨粗鬆症に

ダイエットで欠かすことができないのは、筋肉量を減らさないこと、そして骨密度を低くしないことです。
骨は食事から摂取するカルシウム、ビタミンD、そして運動の刺激によって作られます。

そして、成長期になると成長痛などということばがあるように、大きくなり、その中にカルシウムを溜め込んでいきます。

大人になってもこの骨は壊れながら、形成されていくということを繰り返されていきます。
2年ほどでからだ全体の骨は生まれ変わります。

ただ、20歳をピークに破壊のスピードが早くなるため、どうしても骨密度は減ってしまいます。
女性ホルモンが活発な状態は骨密度を高めてくれますが、更年期になると急激に減少するのは女性ホルモンも減少することによると考えられています。

この原因がカルシウム不足と言われています。さらに、無理なダイエット、すなわち食事制限のダイエットや運動不足があげられます。
そして骨のカルシウムは失われていくわけです。

骨粗鬆症や寝たきりを防ぐためにも無理なダイエットはやめましょう。

 

ベルタ酵素 痩せる