車の安全機能

車には今日、様々な安全機能がついていますが、直接路面に接しているタイヤは安全面を考える上で最も重要なアイテムの一つです。ですからその性質を知り、こまめにチェックすることは安全性を確保する上でとても重要です。

タイヤにはヒビ割れ防止劣化剤が入っていますが、時間の経過とともに抜けていきますので、使用頻度に関わらず、必ず劣化していきます。一見すると走行距離が多いほうが、摩耗も激しいように思われますが、タイヤが最も摩耗するのは高速道路などの長距離を多く走る車より、ストップアンドゴーや駐車する際に低速でハンドルを切ることが多い、市街地をよく走るような比較的低走行の車の場合です。

劣化を放置したままで走行し続けると、突然バーストする原因となります。タイヤの交換時期を知るにはまず、その側面に刻印されている4桁から6桁の数字で製造年月日を確認します。およそ3年から4年が交換目安とされています。また、タイヤの溝には摩耗して溝が1.6ミリメートルを切るとスリップサインが現れます。そのサインを見たら交換する必要があります。さらに側面にひび割れや深いキズがないかどうかも定期的に確認しましょう。

自動車保険料の目安はコチラ