法人向けクレジットカードを使うメリット

法人向けクレジットカードとは、法人(株式会社や有限会社)向けに作られたクレジットカードのことです。ですから個人として発行してはもらえません。発行には、登記簿謄本などが必要な場合もあります。

法人カード、コーポレートカード、ビジネスカードなど、カードを発行している会社やそのサービス内容によって呼び名は異なりますが、とにかくビジネス関連の支出のために発行されているクレジットカードが法人クレジットカードと呼ぶことが出来ると思います。ですから、その使用方法は法人内の社員であれば誰でも使うことができます。しかし、最近では、法人格を持たない個人事業主でも作成できる法人カードも増加しているということです。更に事業すら開業していないただの社会人でも作れるビジネスカードなんていうのも増えてきているので、要するに、ビジネスとして使用するカードと個人として使用するカードと分類するというわけですね。
もはや『社長じゃないと持てないカード=法人カード』というわけでは無いのかもしれません。ただ、法人カードの場合は、会社にもよりますが、最初に預託金制度というものがありまして、退会時に返還はされますが、預託金が必要なETCカードがあります。法人向けのETC専用カードの申し込み方法とお得な割引制度