いまは待望の赤ちゃんを妊娠出来て

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤が有効というので試してから、二周期ほどで妊娠できました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。

友達はベルタから出ているサプリが気になっているようでした。

葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。

友達には、いつも笑っていてほしいから、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思う今日このごろです。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切です。

葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法に気を付けてほしいポイントがあります。それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。

とはいえ、どうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。
もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。いまの不妊状態から脱出するのに、食生活から改めるのも有効だと考えられます。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、期待しにくいでしょう。妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

バランス良く健康的な食習慣を大事にしていくといいでしょう。
海乳ex