移動距離が短い引越しを計画しているのなら引っ越しは大変

当時私は中学生だったが、クラウンを見るまでは日本でまともな乗用車が作れるとは信じられなかったし、クラウンに乗るまでは日本でまともな乗り心地の串が作れるとは信じられなかった。

クラウンはそんな私のイメージを一八〇度変、ろたのだ。日産しかし、日本車が決定的に私に希望をもたせてくれるようになったのは、六〇年代の半ばに近くなってからのことである。六四年には、「軽々と一万回転回るー・」エンジンを積んだホンダS600がデビューし、スカイラインGTがたったの二フップではあるが日本カローラとに現在のモータリゼーショぐ66)〔写真提供=日産自動車〕GPでポルシェの前を走り、開通間もない名神高速道路では公開でコロナの6万加速続高速テストが行われた。翌六五年には、美しいスタイルと洗練された走りのシルビアがクルマ好きのため息を誘い、六六年になるとカローラ、サニーといった、今に直接つながるクルマたちが誕生した。話は少し横道に逸れるが、当時のヨ一口ッパ串の水準に近い性能とシンプルなスタイルをもった初代サニーを、私は日本の名車。