ピアノを輸送するのはピアノ移送を得意とする専門会社に託すのが

そのために平均してトラック業一社あたりの規模は小さくなり、新規参入者は小規模零細企業であって業界構造が二極分化し始めてい
るということであろう。

 元請に当たる荷主企業に近いところにいるトラック業は一層大規模化している。年間売上高が1兆円以上の企業が複数登場し、数千億円の売上企業が地歩を築き、100億円規模の企業も健闘している。しかし、それらは一書であり、大多数は小規模企業である。そして、いわゆるトラック業界で言う中堅企業層が衰退しているとも言える0つまり、上下に分かれ始めているである。

 上下の上に当たる企業は元請かそれに近いところに存在し、上下の下に当たるものは下請け、孫請けとなる、という図式である。こういう構造が進壱と荷主企業が払う運賃・料金は変化しないと考えた場合、それを複数のトラック業が分け合うという形になる0剛価格が暴騰したおり、サーチャジ制が進められ、実際にサーチャージを受け入れた荷主企業も多かった。