実在率が高い生物  セルマ

未確認生物と言えば、代表で言うとネッシーや雪男などがあります。しかし未確認である以上、存在しないという可能性も極めて高いと思います。
ですが、その逆で未確認生物の中にも映像などから、存在する確率が非常に高いと言われている生物も存在します。その中の一つにセルマと呼ばれている生物がいます。セルマは海外のある湖に生息しているとされています。見た目はアシカやセイウチに近い生物です。特徴的なのは尻尾の先端が三又になっている事です。先端の尾びれような部分が3つあるという事です。アシカやセイウチは2つに分かれています。なぜ形まで分かるのかというとセルマと思われる生物が水面を泳ぐ映像があり、その時に尾びれような部分を水面から、露出させていたためです。このように私が知るこの地球には多くの生物が存在しています。今では図鑑などで、動物や魚などが分かりますが、まだ人類はたったの1割しか生物を発見できていないという事実があります。
レイチェルワイン