遺品整理業界の仕組みについて

遺品整理業者を利用する約3割は、孤立死が占めています。
高齢化や核家族化が進み、22年の国勢調査で1人暮らしの世帯は、最多の32・4%にまで達しています。
こうした背景から、遺品整理の需要の高まりとともに、遺品整理代行サービスへの参入業者も急増しているのです。
しかし、特別な資格は必要なく、作業に明確な基準もないため、遺品の紛失や高額請求などによる遺族とのトラブルや、作業で出たごみの不法投棄などが問題になるケースも増えています。
せっかく価値のあるはずだったものも、遺品整理業者の鑑定如何によっては無価値な代物になってしまうこともあるということです。
そういった業界でのトラブルを防止し、健全化を図るために北海道内のリサイクル業者などが、昨年9月に社団法人「遺品整理士認定協会」を設立し、「遺品整理士」の養成を始めました。
作業手順や心構え、供養の仕方、関係する法律などをテキストやDVDで学び、試験で一定基準以上の得点を得ると資格を取得できます。
現代でのニーズが高まっていくとともに、エキスパートを育てていく事も重要となってきているのが現状です。

インプラント無痛治療の成功率から優秀な歯科医院を選ぶ