利息の総額を減らそう

消費者金融を利用するにあたっての大原則としましては、利用するにあたって発生する利息を、可能な限り減らすということが挙げられます。

消費者金融にとっては利益になるこの利息ですが、借り手側の私たちにとってすれば、単なる余計な出費、つまりコストでしかありません。

余計な出費はできるだけ減らすように行動することに、越したことはないのです。

ここで、単純に利息というと、普通は消費者金融が提示するプランにおける、年間利率の方に目が行きがちです。

しかし、この場合の利息というものは、年間利率ではなく、お金を借りている間に発生する利息の総額を指します。

たとえ低い年間利率で借りることができていたとしても、借りている期間が長期に及んでしまっている場合は、利息の総額は増加してしまうのです。

たとえ低金利だとしても、借りている金額の総額が多い場合は、必然的に利息の金額も跳ね上がってきます。

また借りている金額の総額が大きければ大きいほど、キャッシングの期間は長くなってしまうため、そのような低金利の状況であったとしても、積み重なることによって、利息の総額は上がってしまうのです。

つまり、重要なことは、ただ単に低利率の金融機関を選ぶというわけではなく、いかにして利息の総額を低下させる戦略を選ぶのか、ということが要になってくるのです。

このことを意識しているだけでも、一回のキャッシングにおける負担というものを、かなり減少させることができるのです。