中小企業が融資を受けるとき

資金調達のために融資を希望する中小企業が苦戦するのは、何故でしょう。

審査を通過しなければ、中小企業は融資を受けることができません。

そのため、中小企業が融資を申し出る時には、審査用の資料が必要です。

中小企業であれ、大企業であれ、審査には費用がかかり、銀行にとっても負担になっています。

中小企業の審査より、大きな企業の審査のほうが、大口の融資をすることができます。

銀行は、中小企業の融資の審査より、大企業の融資の審査を先に行いがちです。

大企業は、株式や社債発行のために、自社の経営状況などを書類として既に作成しています。

必要な書類が一式揃っている大企業のほうが、銀行も審査をスムーズにできます。

中小企業のほうは、書類も満足にできていないところが多いようです。

中小企業の中には、財務が明確化されていないところもあります。

書類の内容に不明確な点があれば、そこは会社の問題点として審査では処理されます。

大企業は融資にあてるための担保がありますが、中小企業は十分な担保を持っていません。

銀行サイドは、情報が明確でなく、リスクがある相手に融資をする時は、担保を入れることでリスクの補てんを求めます。

ですが、中小企業は、担保に利用できる土地や建物に不足していることもあります。

地価が下がっている昨今では、担保としての価値そのものがあやうくなってもいます。

様々な難問を乗り越えなければ、中小企業が融資を受けることはまずできないというわけです。

塩澤麻衣