年収の3分の1まで

一番手軽に融資が受けられる業者として消費者金融があります。

少額融資が目的なので、審査が甘く、20歳以上で一定の収入を得ている方なら比較的簡単に審査に通過できると思っていいでしょう。

また少額融資とはいえ、最大では300万円~500万円程の融資も期待できます。

さて、そんな手軽な消費者金融ですが、総量規制にて借り入れできる金額に制限が設けられています。

総量規制では、借り手の年収3分の1までの融資しかしてはいけないとしています。

この規制はそもそも多重債務者を抑制させるために設けられた制度です。

以前はこのような規制がなかったため、年収に関係なく業者が審査でOKを出せば幾らでも借りられるのが現状でした。

しかし、そうなると年収を上回る借り入れをする方も少なくはなく、返済困難の多重債務者の増加に繋がっていてしまったのです。

多重債務者が増えれば返済が滞るため消費者金融は債務を回収できず、また、自己破産でもされた日には赤字となってしまいます。

これは双方にとって良くないということで、年収の3分の1以上は借りられないようになりました。