マタニティ文化に感服

妊婦を経験して思うこと。
赤ちゃんを無事に迎えるために、それまでの人生の中で一番に自身を気遣い、お金を使った気がします。

例えば、マタニティスイミング。
「運動嫌い」を自認し、休みの日は身体も休めるべきとゴロゴロ派でした。
ところが、「運動不足は妊婦の敵」との情報を得た途端、いきなりアクティブな毎日に変わりました。
お腹の大きな他のプレママと共にプールでプカプカするのは、意外にも楽しさを感じたものです。
出産後は、当然のごとく止めましたが・・・。

おしゃれも然り。
マタニティドレスにマタニティジーンズ。
ひと昔前のダサさ溢れるデザインとは一線を画しています。
お腹も隠すばかりではなく、いい感じに女性らしさが生きている。
お出かけするにも、可愛いプレママでいられるのです。

そして、マタニティ割引サービス。
プレママや同行している人には、ランチの時のドリンクが無料になったり、スーパーでのお買い物にも特典がありました。
ガソリンスタンドに至っては、3円引き/Lと馬鹿に出来ないサービスです。

それ以外にも、プレママに優しい便利グッズや情報が盛りだくさん!

「妊婦って大変そう」のイメージしかなかったのですが、経験して思うことは「なかなか快適」だったということ。
周囲の人も心なしか優しくしてくれるし。妊娠するって、悪くはないですよ。プレグルES-46カプセル